クラシコ・イン・アメリカはバルセロナに軍配

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)は

現地時間29日に米国ラウンドの試合が行なわれ、

バルセロナ対レアル・マドリーのスペイン勢による「クラシコ」は

3対2でバルセロナに軍配が上がった。(ISM)

 バルサは開始3分、

メッシがゴール前で3枚に囲まれながらもネットを揺らして先制に成功。

続く7分にはラキティッチのゴールで2対0とする。

 対するレアルも14分にコヴァチッチが決めて反撃を開始。

36分にはカウンターから中央を突破したアセンシオが

コヴァチッチにボールを渡し、そのリターンを受けて自らネットを揺らす。

 2点差を追い付かれた形のバルサだが、50分にエリア左手前でFKを獲得。

キッカーのネイマールが放ったボールをピケが押し込んで

勝ち越し弾をマークすると、あとはこの1点差を守り切った。

Top