岩村城の紹介3 土岐門址から本丸下まで

昨日の続きです。

今日は土岐門から本丸までです。

 

土岐門から少し行くと、畳橋があります。

下図⑧の畳橋付近です。左側の石垣の上に畳橋がありました。

 

1718年の岩村城の古地図です。

この古地図で番号順に紹介しています。

 

畳橋の解説板です。赤線のように空堀を歩いています。

 

正面石垣の上に3重櫓がありました。手前は空堀で左側に畳橋がありました。

畳橋の橋桁址でしょうか?石垣に段が見えます。

城下町から天守相当の3重櫓が見えたそうです。

 

空堀の奥に石段(江戸時代後期以後のもの)があるので、上の枡形に上りました。

 

石段を上った所です。この石段の上が枡形でした。

 

枡形の上から撮影しました。正面の石垣が畳橋のあった石垣です。

道になっているところは空堀址です。ここに畳橋を書き込むと

赤い線で畳橋を書き込みました。敵が来たときは、

橋の床板を外して使用不能にします。

 

枡形跡です。

 

左側が枡形跡で手前が追手門(大手門)の址です。

 

3重櫓と追手門枡形の解説板です。江戸時代に3重櫓は岩村城唯一の

三層櫓で、天守に相当しました。

 

岩村城と岩村藩城下町の絵図です。

赤い通りが昔の本通りでした。岩村城址の方向を向いています。

 

城下町本通りから岩村城方向です。(もらった観光マップより引用)

江戸時代は山の中腹に3重櫓が見えました。

 

さらに歩くと

追手門をぬけたところで、下図⑨の位置です。本丸まで200mです。

左右の石垣の上は武家屋敷でした。

 

1718年の岩村城の古地図(上半分)です。

この古地図で番号順に紹介しています。

 

龍神の井戸です。

 

右端に龍神の井戸が見えます。

 

さらに歩くと⑩の霧が井戸があります。

⑩の霧が井戸です。城主専用の霊泉です。

岩村城には17か所の井戸があり、枯れるこ

とも無く現在も水をたたえています。

 

霧が井戸です。この城が「霧が城」と言われる原因の井戸です。

敵が攻めてきた時に、この井戸に城に伝わる蛇骨を投げ入れると、

霧が湧き出て城を霧で隠したと、「巌邑府誌」にあります。岐阜県

の名水50選に選ばれた井戸です。

 

さらに歩くと左側に

古地図⑪のところです。八幡神社の石段が見えます。

 

八幡神社の石段です。この入口に鳥居が描かれています。

 

八幡神社の解説板です。地頭時代からの城主遠山氏の氏神です。

 

さらに進んで、屋敷跡から見たところです。

 

1718年の岩村城の古地図です。

 

さらに直進した突き当たりに

俄坂門跡です。戦国期までの400年間の岩村城の正門です。

2層の櫓門が構えられていました。

 

左側が俄坂門で、右側が菱櫓です。

 

ここで右に曲がると

右側の石垣は地形に沿って石を積んだので、ひし形になっています。

その上の櫓もひし形でした。なので菱櫓と呼んでいます。

 

さらに進むと

古地図⑫の六段壁です。古地図では上の方だけが石垣ですが、

崩れそうになり、江戸時代後期に下の方にも石垣を積みました。

ここにも井戸があります。

 

さらに進むと

右側が六段壁です。

さらに進んで撮影すると

下図の⑫から⑬へ上がる石段です。この上が本丸です。

 

1718年の岩村城の古地図なので、まだ六段壁は描かれていません。

 

長くなるので今日はここまでです。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。
Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                                            

                                                       にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                             ブログランキング・にほんブログ村へ                           

                                                  
                                  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
 
                              にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 
                                                                                                          お願いします。

 

Top