上位は混戦

 米チャンピオンズツアーの今季メジャー第4戦 

全英シニアオープンは

現地時間28日、ウェールズのロイヤルポースコールGCを舞台に

第2ラウンドの競技を終了。

ベルンハルト・ランガー(独)ら5選手が

通算1オーバーでトップタイとなった。(ISM)

 初日2アンダー単独トップのランガーは

3オーバー74とスコアを落としたが、

トム・レーマン(米)、

スティーブ・フレッシュ(米)、

ビリー・メイフェア(米)、マウリシオ・モリーナ(アルゼンチン)と並び

首位タイで決勝ラウンドへ進む。

 通算2オーバー単独6位にクラーク・デニス(米)、

通算4オーバー7位タイにデビッド・マッケンジー(豪)、

ピーター・ロナード(豪)、マイク・グッデス(米)、

通算5オーバー10位タイに

コリン・モンゴメリー(スコットランド)らが続いている。

 その他、通算7オーバー20位タイにトム・ワトソン(米)、

ミゲール・A・ヒメネス(スペイン)、

通算8オーバー29位タイにフレッド・カプルス(米)、

通算10オーバー45位タイにジョン・デイリー(米)。

日本から唯一出場している井戸木鴻樹は

通算20オーバーで予選落ちとなった。

Top