岩村城の紹介2 土岐門まで

昨日の続きです。

登城口から登りました。

登城道を少し登り振り返えると

 

登城道を少し登り振り返り見たところです。この坂の下が登城口です。

右端が岩村山荘です。

 

1718年の岩村城の古地図(下半分)です。

この古地図で番号順に紹介します。

 

少し登ると左側に藩士の屋敷跡があります。

岩村藩は藩主御殿を本丸から山麓①に、

1601年に移動させました。平和になり山の

上で住むのは不便という理由からです。

なので、藩主御殿より藩士の屋敷の方が

高い所にありました。

 

古地図②の藩士屋敷跡です。右の石碑が下田歌子歌碑です。

下田歌子の生誕地です。

左側に下田歌子の説明板があります。拡大すると

下田歌子の説明板です。

 

③の下田歌子の勉学所の門です。

 

③の下田歌子の勉学所です。父の書斎でした。

 

③の下田歌子の勉学所の解説板です。

藩校の知新館に女ゆえに入学出来ず、

祖父と父の書物を読みあさり、高い教養

を身につけました。後に、実践女子学園

を創設しました。

 

三好学の銅像と解説板です。

解説板を拡大すると

解説板です。小学校卒業後に師範学校を出て、

土岐小学校の先生となりますが、後に東大を出

て生物学者となりました。環境保護活動の先駆

者です。

 

さらに登り下を見ると

左が下田歌子の勉学所です。

ここから木曽の御岳山が見えました。

木曽の御岳山です。300mm程度のズーム撮影をしています。

さらに坂を上ります。

左端が登城道です。大きな木はヒトツバタゴです。

花を拡大すると

ヒトツバタゴの花です。別名はナンジャモンジャノ木とも言います。

日本において本種は希少種のひとつであり、絶滅危惧II類 に指定されています。

天然での分布域も狭く、長野県、愛知県の木曽川流域、岐阜県東濃地方および

長崎県対馬市に自生するだけです。

 

長くなるのでもう一度、1718年の岩村城の古地図です。

 

藤坂です。古地図②から⑥を藤坂と言うのは、

岩村城の最初の築城者の加藤景廉の妻が、

実家の紀州藤城村から持ってきた藤が大木

になったという伝説に因んでいます。

 

雨水を排水するための溝があります。

 

この辺りが⑤の初門と言われる辺りです。敵が一気に登れないように

S字形になっています。有事の時は仮設の門をもうける場所でした。

 

初門の解説板です。小雨が降ったり止んだりで、解説板が雨で濡れています。

 

さらに登ると

⑥の一の門跡の手前です。

 

この辺りに⑥の一の門がありました。古地図に描かれたように

櫓門とその脇に単層の櫓がありました。

右側の石垣が崩壊しそうなのでコーンが置いてあります。

 

長くなるのでもう一度、1718年の岩村城の古地図です。

 

これらの石垣は、森蘭丸や忠政の城代となった森氏家老の各務元正が

約17年を費やし今の石垣を造りました。各務元正(かがみもとまさ)は、

美濃に生まれました。元正の母は土岐頼芸の妹にあたる人物で、各務

氏は土岐家では重臣でした。土岐家が没落後は斎藤氏に仕え、斎藤氏

の没落後は森家に仕えています。浅井・朝倉連合軍と戦い主君森可成

とその長男可隆が戦死した状況下、1000人の手勢で織田の援軍到着

まで、宇佐山城でよく防戦し、連合軍は結局、宇佐山城を陥すことが出

来ず、城を守り抜いたのが各務元正でした。

 

さらに登ると

下の古地図にある⑦の土岐門跡が見えてきます。左側は屋敷跡です。

 

長くなるのでもう一度、1718年の岩村城の古地図です。

 

石畳の先に⑦の土岐門があります。

 

⑦の土岐門の解説板です。土岐氏を破りその城門を奪って、

ここに移築したという門です。

 

⑦の土岐門が移築された、現在の徳祥寺山門です。(ガイドさんが持っていた写真です)

左下の指はガイドさんの指です。

 

⑦の土岐門跡です。

 

土岐門址から下を見た所です。

下の屋敷跡には休憩所が出来ています。

 

長くなるので今日はここまでにします。この続きは明日UPです。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。
Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                                            

                                                       にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                             ブログランキング・にほんブログ村へ                           

                                                  
                                  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
 
                              にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 
                                                                                                          お願いします。

 

Top