プロ野球

【セ・リーグ】

◆ヤクルト11点快勝、山中1勝&初完投 中日5連敗

【写真】甲子園で六甲おろしを独唱したNMB山本彩

<ヤクルト11-2中日>◇27日◇神宮

 ヤクルトは1回にリベロの適時打などで2点先制。

3回にはバレンティンのソロで加点。

中日は2回に京田の適時打で1点を返す。

 ヤクルトは

4回にバレンティンが2打席連発となる18号3ランなどで4点、

6回にも3点を追加。

中日小熊は4回7失点で降板。

 ヤクルトは7回に坂口の適時打で11点目を奪い快勝。

山中は完投で今季1勝。

中日は8回、ビシエドにソロが出たが届かず5連敗、

小熊が今季初黒星。

◆巨人3連敗でストップ 田口9勝&カミネロ19S

<巨人4-3広島>◇27日◇京セラドーム大阪

 巨人は1回2死、坂本勇の11号ソロで先制。

広島は3回2死一塁、菊池が適時二塁打を放って同点に追いついた。

 広島は4回1死二塁、エルドレッドの適時二塁打で勝ち越し。

巨人はその裏、阿部と陽の適時打で3点を奪い逆転に成功した。

 巨人は先発田口が7回3失点で9勝目。カミネロが19セーブ目。

チームの連敗は3で止まった。

広島は7回に田中の犠飛で1点差に迫ったが及ばなかった。

中村祐が2敗目。

◆阪神2位タイ浮上!岩田2年ぶり白星、石田は4敗目

<阪神10-3DeNA>◇27日◇甲子園

 DeNAが序盤で2点を先制した。

初回に阪神岩田の暴投で1点を奪い、

2回は1死二塁から倉本の適時打で2点目を追加した。

 阪神が4回に逆転した。

先頭・北條の四球と大山の安打、

ロジャースの凡退で1死一、二塁とし、

中谷が11号3ランを放った。

 阪神は8回、大山の2ランなどで突き放し、2位タイ浮上。

今季初先発の岩田が2年ぶりの白星。DeNAの連勝は3で止まった。

石田は4敗目。

【パ・リーグ】

◆ソフトバンク東浜プロ初10勝目、楽天岸は4敗目

<楽天1-5ソフトバンク>◇27日◇Koboパーク宮城

 楽天岸、ソフトバンク東浜ともに上々の立ち上がり。

3回までソフトバンク打線は1安打、楽天も2安打で無得点。

 ソフトバンクが4回1死二、三塁から中村晃の2点適時打で先行。

6回1死一塁、デスパイネの右中間二塁打で3点目を追加した。

 ソフトバンクが2点を追加して逃げ切った。

7回1/3を1失点の東浜が、プロ5年目で初の10勝目。

楽天は連勝が4で止まった。岸は4敗目。

◆西武6連勝&菊池雄星10勝目、オリックス8連敗

<西武2-0オリックス>◇27日◇メットライフドーム

 西武は3回、先頭の外崎が左前打で出塁も盗塁死。

ここから四死球と安打で2死満塁とし、浅村の遊撃内野安打で先制した。

 オリックスは5回、安打と犠打野選などで無死満塁とするも、

連続内野ゴロで無得点。

6回も1死一、二塁を生かせず。

 西武先発の菊池は7回無失点でハーラートップに並ぶ10勝目。

防御率でも1位に立った。

西武は6連勝。増田は20セーブ目。

オリックスは8連敗。山崎福は2敗目。

 

(日刊スポーツ)

Top