馳浩がリング復帰「続きはある」

馳浩がリング復帰「続きはある」

前文部科学大臣の馳浩(56)が11年ぶりにリングに復帰した。

 メインの6人タッグで、先輩の藤波辰爾、長州力と組んで、グレート・ムタ、ザ・グレート・カブキ、TNT組と対戦。黄色いトランクス、緑のTシャツで登場すると、立ち見が出るほど満員の観衆で埋まった会場から大歓声が上がった。

 長州、藤波に続き3番手として登場すると、コーナートップからのジャンピングエルボー、強烈な逆水平チョップなどで会場を沸かせた。さらに、カブキを「よし、回すぞ!」と人さし指をクルクル回すポーズを合図に20回、ジャイアントスイングで回してファンを熱狂させた。

 最後は、現役時代に激闘を展開したTNTを裏投げから、北斗原爆固めで破り、16分41秒の激闘を制した。

 試合後、馳は「尊敬する藤波、長州の先輩がそばにおられて、思う存分やらせていただいた。相手も良かったので、自然と体が動きました。リングにいるときは、政治家馳浩はなし。政治家のにおいがあったらイヤだから」と話した。今後については「続きはあるだろう」と、リングに上がる可能性もにおわせた。

Top