都市対抗野球 パナソニックが接戦制す

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会

(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は

15日、東京ドームで1回戦3試合。

第1試合は

三菱自動車岡崎(岡崎市)とパナソニック(門真市)が対戦、

パナソニックが3-2で三菱自岡崎を振りきり、

接戦を制して2回戦に進出した。

【写真特集・三菱自動車岡崎vsパナソニック】熱戦の模様を多数の写真で振り返る

 ○パナソニック(門真市)3-2三菱自動車岡崎(岡崎市)●

 パナソニックが投打の軸の活躍で接戦を制した。

一回に4番・柳田の左越え2ランで先制。

1点リードの五回も柳田の中前適時打で加点した。

先発の吉川は14三振を奪って2失点完投。

三菱自動車岡崎は三回の豊住の右越えソロなどで追い上げたが、

及ばなかった。

 パナソニック・梶原康司監督 

(監督として本大会初勝利)

何が何でも1回戦を突破したいという思いで準備してきた。

(吉川は)体力もあるので、最後まで行かせた。

 三菱自動車岡崎・野波尚伸監督 

(相手投手の)低めの球に手を出さないよう伝えたが、

見極められなかった。

Top