高校野球選手権地方大会 沖縄では、興南と美来工科が決勝へ

 第99回全国高校野球選手権大会

(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の地方大会は

15日、最も遅い開幕の富山、福井、鳥取、

島根、山口、高知で熱戦がスタート。

南北海道、長崎を除く47大会で今夏最多の413試合があった。

沖縄では準決勝があり、

2年ぶり代表を狙う興南と、

38年ぶり出場を目指す美来工科が決勝進出。

鹿児島では昨夏代表の樟南と神村学園が準決勝へ進んだ。

 昨夏の全国選手権を制し、

7年連続出場を狙う作新学院(栃木)は3回戦へ。

西東京では今春の選抜大会出場の早稲田実と日大三が

そろって初戦を突破した。

11年連続出場のかかる聖光学院(福島)、

4年連続を狙う九州国際大付(福岡)、

春夏4季連続を目指す智弁学園(奈良)のほか、

八戸学院光星(青森)、盛岡大付(岩手)、

前橋育英(群馬)、横浜(神奈川)なども勝ち進んだ。

広島では

伝統校の広島商が今春の選抜出場の呉を破り4回戦へ進んだ。

 16日は全国一番乗りで沖縄代表が決まる。

Top