プロ野球 前半戦終了

【セ・リーグ】

◆巨人3連勝!宮国が今季初勝利 ヤクルト10連敗

【写真】日本ハム大谷ほろ苦4失点「制御できませんでした」

<巨人8-3ヤクルト>◇12日◇東京ドーム

 巨人宮国、ヤクルト・ブキャナンが先発。

1回、ヤクルトは山田の左前適時打で先制。

巨人も長野の8号ソロで同点とした。

 巨人は4回に村田の5号ソロで勝ち越し。

5回にも打者一巡の猛攻で5点を追加した。

宮国は5回1失点で継投に入った。

 巨人が12安打8得点で快勝し、3連勝を飾った。

宮国は今季初勝利をマーク。

ヤクルトは今季2度目の10連敗に沈んだ。ブキャナンは6敗目。

◆阪神3連勝 マテオ6勝目、中日4連敗 又吉初黒星

<阪神5-4中日>◇12日◇甲子園

 中日が初回、ゲレーロのリーグトップの23号2ランで先制。

阪神は2回1死一塁で大和が左翼線へ適時二塁打を放ち1点を返した。

 中日は6回に

大島が右翼ポール直撃の2号2ランを放ちリードを3点に広げた。

阪神はその裏、中谷、大和の適時打で追いついた。

 阪神は8回、先頭の中谷が安打で出塁。

2死二塁から大和が左翼線に適時打を放ち3連勝。

中日は4連敗を喫した。

阪神マテオが6勝目、ドリスは23セーブ目。中日又吉は初黒星。

◆広島ジョンソン4勝 DeNA8カードぶり負け越し

<広島5-1DeNA>◇12日◇マツダスタジアム

 広島が3回に丸の中前適時打と暴投で2点を先制した。

DeNAは広島先発ジョンソンの前に3回まで1安打無得点。

 DeNAは4回から先発浜口からエスコバーにスイッチ。

3回無失点に抑える。

打線は5回に内野ゴロの間に1点を返した。

 終盤7回に突き放した広島が

2カード連続勝ち越しで貯金を22に戻した。ジョンソンが4勝目。

DeNAは8カードぶり負け越し。浜口は4敗目。

【パ・リーグ】

◆オリックス4連勝、金子7勝 日本ハム大谷は初黒星

<オリックス6-3日本ハム>◇12日◇京セラドーム大阪

 オリックスは2回に大城の押し出し四球で先制。

ここで日本ハム大谷は降板。

さらにオリックスは伊藤の二塁打などこの回5得点。

 1点を返されたオリックスは4回に小島の適時打で6点目。

日本ハムは5回に松本の適時打で2点を返し、3点差で終盤に入った。

 オリックスは継投で逃げ切って4連勝。

金子は5回3失点で7勝目を挙げた。平野は19セーブ目。

今季初登板の日本ハム大谷は4失点で黒星。

◆西武ファイフが今季初勝利 ロッテ4連敗で借金30

<西武6-3ロッテ>◇12日◇メットライフドーム

 西武は2回に炭谷の適時二塁打と金子侑の右前適時打で3点を先制。

ロッテは3回まで西武の先発ファイフの前に2安打無得点。

 ロッテは4回に鈴木の犠飛、5回にパラデスの適時打、

6回に三木の犠飛で1点ずつ返し反撃。1点差に追い上げ終盤に入った。

 西武は7回に山川の4号ソロ、8回に浅村の適時打で加点して逃げ切り。

ファイフは今季初勝利、増田は19セーブ目。

ロッテは4連敗で借金は30に膨らんだ。関谷は2敗目。

◆楽天4連勝でソフトバンクと1・5差、岸は7勝目

<ソフトバンク0-2楽天>◇12日◇ヤフオクドーム

 投手戦の展開となった。楽天岸は3回まで無安打無失点投球。

ソフトバンク松本も3回まで毎回走者を出しながら無失点投球。

 楽天が5回に先手を取った。

2死一塁から2番ペゲーロが右翼へ20号2ラン。

ソフトバンクは6回まで2安打無得点。

 楽天は2点を継投で守り切った。

先発岸は7勝目。松井裕は27セーブ目。

チームは4連勝で2位ソフトバンクとのゲーム差を1・5とした。

ソフトバンク松本裕は3敗目

 

(日刊スポーツ)

Top