セレクトセール・当歳

 2日間にわたって開催される「セレクトセール2017」の2日目が

11日、北海道苫小牧のノーザンホースパークで行われた。(netkeiba)

 当歳セッションとなるこの日は220頭が上場され、190頭が落札。

売り上げは86億9250万円(以下、金額は全て税抜で表記)で、

過去最高を記録した昨年(68億1150万円)を大幅に上回る

史上最高額となった。

落札率は86.4%、1頭平均額は4575万円だった。

2日間合計の売り上げは173億2700万円(昨年は149億4210万円)。

 1億円を超える高額落札馬は17頭と、

こちらも昨年の9頭を大幅に上回った。

その中でも最高落札額となったのが、

「イルーシヴウェーヴの2017」(牡、父ディープインパクト)。

日本のセール史上2番目となる5億8000万円で、

冠名「アドマイヤ」で知られる近藤利一氏が落札した。

母は仏1000ギニー(仏GI)など重賞4勝の名牝で、

全兄の「イルーシヴウェーヴの2016」も

昨年の当歳セールにて2億8000万円で落札されている。

 2番目の高額馬は

「ドナブリーニの2017」(牝、父ディープインパクト)。

GI・7勝を挙げ、年度代表馬に2度選ばれた名牝

ジェンティルドンナの全妹にあたり、

ネット事業大手の(株)DMM.comが3億7000万円で落札した。

 同社は

さらにキタサンブラックの全弟

「シュガーハートの2017」(牡、父ブラックタイド)を1億4500万円で、

昨日の1歳馬セッションでもリアルスティールの全妹

「ラヴズオンリーミーの2016」(牝、父ディープインパクト)を

1億6000万円で落札している。

既に各メディアから報道されているとおり、

今月中に新たなクラブ法人

「(株)DMMドリームクラブ」が立ち上げられる予定で、

それぞれ募集口数は10000口に設定されるという。

 3番目は「コンテスティッドの2017」(牡、父ディープインパクト)で、

「サトノ」の冠名でおなじみの里見治氏が2億円で落札した。

母はエイコーンS、テストS(ともに米GI)の勝ち馬で、

全兄サトノルーラーは現1勝の3歳馬。

ここまでの3頭が2億円以上の額で落札されている。

 また、2017年産が初年度となる種牡馬の産駒では、

「フィオドラの2017」(牡、父キズナ)が9000万円(前田晋二氏)、

「マイジェンの2017」(牡、父ゴールドシップ)が5000万円(里見治氏)、

「ザルソバの2017」(牡、父スピルバーグ)が

4900万円((株)ジャパンヘルスサミット)、

「オーマイベイビーの2017」(牡、父エピファネイア)が

4200万円(安原浩司氏)で落札された。

Top