プロ野球

【セ・リーグ】

◆DeNA継投で逃げ切り、石田3勝 広島連勝止まる

【写真】9回表、右前に勝ち越し適時打を放つ楽天銀次

<広島2-5DeNA>◇11日◇マツダスタジアム

 広島が2回にエルドレッドの適時打などで2点を先制。

DeNAは3回に無死一、三塁から

筒香の2点二塁打で同点に追い付いた。

 DeNAが5回に宮崎の右前適時打で勝ち越し。

6回には相手のミスに乗じて2点を追加した。

広島先発岡田は5回0/3・5失点降板。

 DeNAが継投で逃げ切った。

7回2失点の石田が3勝目。山崎康は12セーブ目。

広島の連勝は4で止まった。岡田は4敗目。

◆阪神猛虎打線が大爆発10点 中日ジョーダン3敗目

<阪神10-1中日>◇11日◇倉敷

 中日は初回にゲレーロの適時打で先制。

阪神は2回にジョーダンのボークで同点。

3回に上本のソロ、福留の2ランで勝ち越した。

 阪神は4回に上本の適時打で1点を追加。

5回には4本の二塁打を含む6安打5得点の猛攻で中日を圧倒した。

 中日は初回以降得点を奪うことができず。

ジョーダンは6月15日の日本ハム戦以来の黒星で3敗目。

阪神メッセンジャーは8勝目。

◆巨人菅野がリーグトップの9勝目 ヤクルトは9連敗

<巨人2-0ヤクルト>◇11日◇東京ドーム

 巨人先発菅野は3回まで毎回走者を許すも無失点。

ヤクルト先発星は2回無死満塁のピンチ招くも

3者連続三振で切り抜けた。

 巨人は4回に中井の先制犠飛、

6回に坂本勇の9号ソロで追加点を挙げた。

菅野は6回まで4安打無失点の好投を見せた。

 巨人は7回無失点の菅野がリーグトップの9勝目。

西村、カミネロとつないで無失点に抑えた。カミネロは18セーブ目。

ヤクルトは9連敗となった。星は4敗目。

【パ・リーグ】

◆楽天銀次V打で3連勝 ソフトバンク・サファテ今季初黒星

<ソフトバンク4-5楽天>◇11日◇ヤフオクドーム

 ソフトバンクは初回に内川の適時二塁打で1点を先制、

2回は上林の9号2ラン、3回は中村晃の犠飛で1点を挙げ

序盤で4得点。

 4点を追う楽天はようやく6回に反撃。

先頭ペゲーロの19号ソロで1点を返した。

先発則本は4回以降、6回まで無失点投球。

 楽天は7回にウィーラーの2点適時打などで3点を挙げ同点とすると、

9回に銀次の適時打で勝ち越しに成功。チームは3連勝。

 楽天福山が5勝目。松井裕が26セーブ。

ソフトバンク・サファテは今季初黒星。

◆西武16点大勝、野上6勝目 ロッテ自力CS消滅

<西武16-6ロッテ>◇11日◇メットライフドーム

 西武は3回までに浅村の2打席連続本塁打、

炭谷の2打席連続適時打などで11得点。

ロッテ先発の二木は2回7失点でKOされた。

 西武は4回に秋山の16号3ランなどで4点を加点。

ロッテは6回に中村、ペーニャの連続適時打で3点を返し、

終盤に入った。

 西武は7回に1点を加え16得点で大勝。

先発野上は6回4失点で6勝目を挙げた。岡本が今季初セーブ。

ロッテ二木が3敗目。ロッテは借金29で自力CSの可能性が消滅した。

◆オリックス3連勝!西4勝 日本ハム斎藤佑樹8失点

<オリックス8-1日本ハム>◇11日◇京セラドーム大阪

 オリックスは1回にロメロが先制打。2回は敵失と駿太の適時打で3得点。

3回も3点を追加した。先発の西は3回まで完全投球。

 日本ハムは4回に田中賢の適時打で1点を返すが、

オリックスはその裏にロメロの中越え16号ソロで再び突き放した。

 オリックスは3連勝で3カードぶりの勝ち越し。西は8回1失点で4勝目。

日本ハムは2連敗。8失点の斎藤は3敗目。(日刊スポーツ)

Top