ツール・ド・フランス第9ステージ

 自転車ロードレースの最高峰、ツール・ド・フランスは

9日、フランスのナントゥアからシャンベリーまでの

第9ステージ(181.5キロ)を行い、

リゴベルト・ウラン(コロンビア)が

変速できないトラブルに見舞われながらも区間優勝した。

 前回大会王者で総合首位のクリストファー・フルーム(英国)は、

機材トラブルで自転車の交換を余儀なくされたが、

3番手に入って総合首位を守った。

 この日は落車が相次ぎ、

第8ステージで総合2位だったゲラント・トーマス(英国)が

転倒してリタイア。

アルベルト・コンタドール(スペイン)も落車し、

4分19秒差でゴールして総合優勝争いが厳しくなるなど、

上位勢の顔ぶれが変わった。(ロイター)

Top