NBAニュース(7/9)

 ラプターズは9日、

昨季9・3得点を挙げた

ポイントガードのコーリー・ジョセフ(25歳)を

ペイサーズに放出。

ペイサーズから

昨季10・7得点をマークしていた

スモールフォワードのC・J・マイルズ(30歳)を獲得した。

さらに

あと2年契約(計3000万ドル=約34億2000万円)が残っていた

スモールフォワードのディマーレ・キャロル(30歳)を

ドラフト指名権を加えてネッツへトレード。

ネッツからセンターのジャスティン・ハミルトン(27歳)を獲得した。

 ラプターズは

主力のポイントガード、カイル・ラウリー(31歳)と

3年1億ドル(約114億円)で契約を延長したため、

ラグジュアリー・タックス(ぜいたく税)を回避するための

人員整理に迫られていた。

 一方、セルティクスは

昨季ピストンズに在籍したセンター、エーロン・ベインズ(30歳)と

1年430万ドル(約4億9000万円)で契約に合意。

同チームはケリー・オリニク(26歳)がヒート、

アミール・ジョンソン(30歳)が76ersに移籍しており、

フロントコート陣の補強が急務となっていた。

 

(スポニチアネックス)

Top