犬山城の紹介 最終回 成瀬氏・大杉様・ライン大橋・犬山神社

昨日の続きです。

今日は成瀬氏の先祖からです。

先祖は二条関白とされますが、伝来の系図を焼失したとかでその世系は不詳です。

いつのころか三河国加茂郡足助庄成瀬郷に居住し、成瀬を家号とします。成瀬氏

は松平初代の親氏、または二代泰親のときに松平氏に属したといい、三河譜代で

は古い家柄です。安城に入部した松平四代親忠に付属して、木戸村、六名郷に住

します。正頼のとき家康の祖父清康に仕え、大久保忠俊・林藤助などともに、主家

広忠の岡崎還城に功労がありました。
 嫡子正義は使番、御旗奉行をつとめ、六名郷において二百五十貫文(年収約15

00万円:石高250石)を与えられました。1562年に同僚と争論のうえ討ち果たし

て遠江国に出奔します。三河一向一揆の知らせを聞き、三河国に帰り、ただちに

本宗寺に行き妻子ともども岡崎城に馳せ参じ帰参を許されます。のち諸合戦で軍功

があり、岡崎で五十貫文の地(年収約300万円:石高50石)を与えられました。

 

 

子供の正成は、幼少より徳川家康に仕え、1584年の長久手の合戦には、

小姓組に属して出陣しています。年齢わづか十七歳でしかなかったが、勇敢

にも敵陣へ突入して兜首をひとつあげました。家康が首実権してる最中に、

味方の先遣隊が、敵の猛攻撃をうけてたじろいでいるのを見て、制止される

のを払い除けて、真一文字に敵中にとって返し、ふたたび兜首をあげました。

役後、根来鉄砲衆五十人を預けられます。十七歳で一軍の将となったのは

正成だけだといいます。
 天正十八年の小田原攻めで武功を重ね、関東入国後、下総栗原四千石

の領地を賜わります。このころ全国統一の覇業を押し進める秀吉が、大坂

城で徳川家臣団の馬揃えを検分しました。このとき、正成の堂々たる武者

ぶりが秀吉の目にとまります。秀吉は家康に、正成を五万石の俸禄で召し

抱えたいと申し入れます。この話を家康から聞かされた正成は涙を流して

恨み事を述べ「ぜひにもといわれるならば、切腹仕る」と開きなおり、結局

このことは沙汰止みとりますが、正成に対する家康の信頼は以前にも増し

て、いよいよ深くなったといいます。
 関ヶ原の戦いでは旗本の先手となって活躍します。戦後、老中に抜擢さ

れ、本多正純らと国政に従事し、甲斐国のうちに二万石を加えられます。
 慶長十二年、正成は家康九男で尾張の徳川義直の傅役となります。大

坂の陣では、尾張徳川家の付家老として活躍します。戦後、尾張犬山城

三万石を賜わります。後に成瀬家は3万5千石に加増されます。江戸時代

の最後の方で独立して、徳川の直臣大名となりました。
          (戦国大名探究 出自事典 地方別武将家 大名一覧より引用)

 

通貨単位の貫は1000文で、貫とは本来は大量の銭を携帯するために銭

を束ねた道具「銭貫」のことで、材質によって糸貫と木貫が存在しました。

貫の存在は『史記』(平準書)にも記されている。銭の中央に空いている穴

に貫や紐を通して(貫いて)1000枚を1組としておくということがよく行われ

ました。鎌倉時代の1230年に、米1石は銭1貫文という記録があり、1石

は150kgなので、米10kgを4000円とするなら6万円の価値があります。

                                (ウイッキペディアより引用)

 

犬山城天守です。

 

付櫓です。この右側に大杉があります。

 

築城当時からあり、天守を雷から守ったという大杉様です。

残念ながら1965年に枯れました。

 

かずらのツタがまつわりついています。

 

本丸です。ここで善哉でも食べてゆっくりしたいところです。

 

ガイドさんがライン大橋からの眺めがきれいだと言うので、

ライン大橋に行きました。

 

行く途中の天守風景です。1階の石落としがよく見えます。

 

木曽川に架かるライン大橋です。

 

ライン大橋を渡ります。鵜飼いの船が見えます。

 

真横から見た犬山城天守です。

唐破風や付櫓が横から見えます。

 

犬山城の全景です。

 

次に、犬山神社に行きました。

 

現地の観光地図です。犬山城前広場に戻りました。

 

赤丸の辺りが犬山神社です。江戸時代は武家屋敷でした。

 

 

広場前の犬山城観光施設です。道の先は外堀だった郷瀬川です。

 

犬山神社境内に観光案内所があります。

 

 

犬山神社鳥居です。

進むと

歴代の城主と戦没者を祀る神社です。

成瀬氏以前の平岩氏の松の丸(二ノ丸)御殿を、1665年に

移した西御殿があり、明治2年には犬山藩主庁になりますが、

明治8年にここを払い下げて、明治16年に犬山神社としまし

た。

 

拝殿が見えます。

 

拝殿です。最後の犬山藩藩主(成瀬家)の第10代の

成瀬正雄氏までが祭神とされています。

拡大すると

 

 

 

本殿部分が見えます。左の建物は神馬舎です。

 

戦没者の忠魂碑と右側に平和塔です。

この左側に

犬山城前観光案内所です。各種のパンフレットがもらえます。

 

これで犬山城の紹介を終わります。明日は難波パークスの花紹介です。

 

読者募集中ですので、読者登録お願いします。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。
Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                                            

                                                       にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                             ブログランキング・にほんブログ村へ                           

                                                  
                                  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
 
                              にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 
                                                                                                          お願いします。

 

Top