スパーキングレディーカップ

 6日、川崎競馬場で行われた

第21回スパーキングレディーC

(GIII・3歳上・牝・ダ1600m・1着賞金2500万円)は、

好位でレースを進めた

横山典弘騎手騎乗の2番人気

アンジュデジール(牝3、栗東・昆貢厩舎)が、

直線で内から抜け出し、

2番手追走から食い下がった4番人気

ララベル(牝5、大井・荒山勝徳厩舎)に

1.1/2馬身差をつけ優勝した。

勝ちタイムは1分41秒6(稍重)。

【写真】アンジュデジールこれまでの軌跡

 さらに3馬身差の3着に

5番人気タイニーダンサー(牝4、美浦・伊藤圭三厩舎)が入った。

なお、1番人気ホワイトフーガ(牝5、美浦・高木登厩舎)は4着、

3番人気サクラフローラ(牝6、美浦・高柳瑞樹厩舎)は11着に終わった。

 勝ったアンジュデジールは、

父ディープインパクト、母ティックルピンク、

その父フレンチデピュティという血統。

前走の関東オークスでは4馬身差の2着に敗れたが、

ここで見事古馬を破り、初めての重賞制覇を果たした。(netkeiba)

Top