ウィンブルドンテニス選手権4日目

 テニスのウィンブルドン選手権は

6日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで試合を行い、

女子ダブルス1回戦では

土居美咲、荘佳容(台湾)組が

オクサナ・カラシニコワ(ジョージア)、

フランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)組を6─4、6─1で下した。

 土居、荘組は2回戦で、

アシュリー・バーティ、ケーシー・デラクア組(ともにオーストラリア)と

対戦する。

 日比野菜緒、アリシア・ロソルスカ(ポーランド)組、

大前綾希子、ジェシカ・ムーア(オーストラリア)組は

それぞれ初戦敗退を喫した。

 同日に行われた女子シングルス2回戦では、

世界ランク1位で第1シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)が

キルステン・フリプケンス(ベルギー)を

7─5、7─5のストレートで下し、3回戦進出。

第5シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、

第7シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)らも勝ち上がった。

 

 

 男子シングルス2回戦で

世界ランキング44位の杉田祐一は

1─6、7─5、6─4、6─7、2─6で

同51位のアドリアン・マナリノ(フランス)に敗れた。

 杉田は、先週のアンタルヤ・オープン決勝でマナリノを破り、

ツアー初優勝を果たしたが、

今大会では3時間半を越える接戦の末に敗れ、2回戦敗退を喫した。

 そのほか、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、

第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)、

第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)らは、それぞれ勝ち上がった。

 

(ロイター)

Top