「年間売り上げは100倍以上!」中居正広のジャニーズ残留で、今度はキムタクが“退所”危機!?

「年間売り上げは100倍以上!」中居正広のジャニーズ残留で、今度はキムタクが退所危機!?の画像1

 中居正広がジャニーズに残留したことで、今度は木村拓哉が激しい危機感を抱いているという。

 業界内外から「独立か残留か」と注目を集めてきた元SMAPメンバーたちの去就だが、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人がジャニーズ事務所から退社すると大々的に報じられた一方で、中居の残留も明らかになった。

「一連のSMAP解散騒動で、いち早くジャニーズに忠誠を示したことで、キムタクが将来、幹部の座に就くことは確定したといわれてきました。ところが、中居も残留したことで、2人の立ち位置は完全に同等となりました」(芸能関係者)

 となると、木村と中居のどちらがジャニーズ事務所にとって“有益”な人材なのかという話になるのは、企業として当然のこと。

「キムタクの売上は年間1億円程度なのに対して、中居は100億円以上といわれています。となれば、中居のほうが幹部候補に相応しいのは明白です。実際、事務所内には“中居班”が作られ、全面バックアップ体制を整えているといいます。ジャニーズの幹部になるということは、死ぬまで年収数億円が保障されたも同然。立場をひっくり返されたキムタクの焦りはハンパないようです。仮に中居が偉くなったら、今度はキムタクのほうが事務所を出ざるを得なくなるかもしれませんね」(同)

 ひょっとして、中居の事務所残留は“裏切り者”木村への意趣返しだったのかも!?

Top