プロ野球(7/4)

【セ・リーグ】

◆巨人連敗ストップ、田口7勝 広島は打線が振るわず

【写真】本塁打を放ったゲレーロ(左)を出迎える森監督

<広島0-3巨人>◇4日◇マツダスタジアム

 広島野村は1回に2安打を浴びるも、3回まで3安打無失点。

巨人田口は3回まで1安打無失点。落ち着いた立ち上がりとなった。

 巨人は6回に3安打を集め2盗塁を絡めて2点を先制。

広島は6回に無死一、三塁の好機をつくるも、巨人田口の前に無得点。

 巨人は8回にも追加点を奪い逃げ切った。連敗を4で止めた。

田口が7勝目をマーク。カミネロ16セーブ目。

広島は打線が振るわず連勝が3でストップ。野村が3敗目。

◆中日大勝で連敗ストップ、鈴木5勝 ヤクルト3連敗

<中日7-2ヤクルト>◇4日◇ナゴヤドーム

 中日は1回1死一、三塁、

ゲレーロの二飛で三塁走者京田がタッチアップし先制。

2回に2点を追加。ヤクルトは3回まで無得点。

 中日は5回にゲレーロの22号ソロを含む5安打で4点を追加。

ヤクルトは4回に2死一、三塁の好機も生かせなかった。

 中日は大勝で連敗を3で止めた。

先発鈴木は8回1/3、2失点で5勝目。

ヤクルトは3連敗で、山中は今季4敗目。

※DeNA-阪神は雨天中止

【パ・リーグ】

◆楽天6回雨天コールド勝ち、則本9勝 ロッテ2連敗

<ロッテ1-5楽天>◇4日◇ZOZOマリン

 楽天が1回2死から岡島の右中間2号ソロで1点先取。

ロッテはその裏2死一、二塁から

鈴木が同点左前打を放って追いついた。

 楽天は4回、三好の適時打で勝ち越した。

さらに島内、ペゲーロにも適時打が出て、この回一挙に4点を奪った。

 6回表が終わったところで雨天のため中断し、

そのままコールドゲームになった。

楽天は連敗を2で止めた。ロッテは2連敗。

 楽天則本は9勝目、ロッテ二木は2敗目。

◆ソフトバンク50勝一番乗り オリックス連勝止まる

<ソフトバンク4-0オリックス>◇4日◇ヤフオクドーム

 ソフトバンクは2回に上林の犠飛で先制すると、

3回には松田の14号3ランで加点。

オリックスは3回まで無安打無得点。

 4回以降は投手戦となった。

ソフトバンク石川は6回まで無安打無得点投球。

オリックス西も4回以降は6回まで0点に抑えた。

 ソフトバンクが4点を守り切った。先発石川は4勝目。

チームは両リーグトップの50勝到達。

オリックス西は4敗目でチームの連勝は3でストップ。

◆西武2連勝、野上5勝目 日本ハム連敗、大谷は沈黙

<日本ハム1-4西武>◇4日◇東京ドーム

 西武は1回に中村の18号2ラン、

2回にメヒアの14号ソロなどで4点をリード。

日本ハムは3回、新外国人ドレイクが来日初安打。

 日本ハムは4回、西川の本盗で1点を返した。

先発加藤は4回2/3・4失点で降板。

約2カ月ぶりの白星は、お預けとなった。

 西武は2連勝。

先発野上は6回1失点で5勝目、増田が16セーブ目を挙げた。

日本ハムは2連敗、先発加藤は5敗目。

2試合連続「5番DH」で先発した大谷は3打数無安打。

 

(日刊スポーツ)

Top