海外ゴルフツアー

 ◇米国シニアメジャー

◇全米シニアオープン選手権 最終日(2日)

◇セーラムCC(マサチューセッツ州)◇6769yd(パー70)

ラストイヤー!宮里藍のフォトギャラリー

 1打差を追ってスタートしたケニー・ペリーが

2バーディ、ノーボギーの「68」でプレーし、

通算16アンダーで逆転優勝を飾った。

2013年に続く大会2勝目で、メジャー通算4勝目。

 通算14アンダーの2位に、

単独首位から出たカーク・トリプレット。

4バーディ、5ボギーの「71」と出入りの激しい内容に終始し、

メジャー初優勝に惜しくも届かなかった。

 通算9アンダーの3位にブラント・ジョーブ。

通算8アンダーの4位タイに、

トム・レーマンとフレッド・カプルスが続いた。

 

 

 ◇海外女子メジャー第2戦◇KPMG女子PGA選手権 最終日(2日)

◇オリンピアフィールズCC(イリノイ州)◇6588yd(パー71)

【画像】宮里藍もドレスアップ!前夜祭の貴重フォト

 10アンダー首位タイから出たダニエル・カンが「68」をマークし、

通算13アンダーとしてツアー初勝利をメジャータイトルで飾った。

2011年の8月にプロ転向し、翌年にツアー参戦。

前年覇者のブルック・ヘンダーソン(カナダ)に並ばれて

迎えた最終18番(パー5)で、2オン2パットのバーディを奪って

勝ち越した。

 3打差の3位にカンと同じトップから出たチェ・チェラ(韓国)。

通算9アンダーの4位タイに

イ・ミヒャン、エイミー・ヤン、キム・セヨンの韓国勢が並んだ。

7アンダー7位タイに朴仁妃(韓国)とレキシー・トンプソンが続いた。

 日本ツアーを主戦場とする申ジエ(韓国)は3位からスタートし、

「74」とスコアを落として5アンダー11位タイで終えた。

 ともに2アンダー27位タイからスタートした宮里藍と野村敏京は

そろって「73」とスコアを落とし通算イーブンパーの36位タイ。

今季限りでの引退を表明後、初のメジャーを戦った宮里は

3バーディ、3ボギー、1ダブルボギー。

野村は1番(パー5)でバーディを決めた後、3ボギーをたたいた。

 

 

 ◇米国男子◇クイッケンローンズ・ナショナル 最終日(2日)

◇TPC ポトマック・アット・アヴェネルファーム(メリーランド州)◇7139yd(パー70)

今週は北の大地へ!アン・シネフォトギャラリー

 ともに7位から出たカイル・スタンリーとチャールズ・ハウエルIIIが「66」とし、

通算7アンダーの首位タイでホールアウト。

プレーオフ1ホール目で決着をつけたスタンリーが、

2012年2月「ウェストマネジメント フェニックスオープン」以来となる

ツアー通算2勝目を飾った。

 最終18番で行われたプレーオフ。

ハウエルIIIが3オン2パットのボギーとした一方、

スタンリーはグリーン奥からのアプローチを手堅く寄せてパーセーブ。

1m強のウィニングパットを沈めてガッツポーズを作り、

5シーズンぶりとなるタイトル獲得の喜びに浸った。

 通算5アンダーの3位タイに

リッキー・ファウラーとマーティン・レアード(スコットランド)。

首位から出たデービッド・リングマース(スウェーデン)は「73」と落とし、

通算4アンダーの5位に終わった。

 今大会は海外メジャー「全英オープン」(7月20日~)の予選会を兼ねており、

有資格者を除いた上位4人が出場権を獲得。

スタンリー、ハウエルIII、レアード、カン・スン(韓国)が

ロイヤルバークデールGC行きのチケットを手にした。

 

 

 ◇欧州男子◇HNAフランスオープン 最終日(2日)

◇ル・ゴルフ・ナショナル(フランス)◇7247yd(パー71)

【画像】国際色の豊かさも魅力 欧州ツアー画像集

 3位タイから出たトミー・フリートウッド(イングランド)が

5バーディ、ノーボギーの「66」でプレー。

通算12アンダーとして1打差を逆転し、ツアー通算3勝目を手にした。

 フリートウッドは1月「アブダビHSBCゴルフ選手権」に続く今季2勝目。

2位につけていた賞金ランキング「レース・トゥ・ドバイ」では、

セルヒオ・ガルシア(スペイン)を抜いて1位に返り咲いた。

 今大会は「全英オープン」の予選会を兼ねており、

有資格者を除く上位4人に入った

通算11アンダー2位のピーター・ユーライン(アメリカ)、

通算8アンダー3位タイのトービヨン・オルセン(デンマーク)、

アレクサンダー・ビョーク(スウェーデン)、

ミシェル・ロレンゾベラ(フランス)が出場権を獲得した。

 

(GDO)

Top