4Kテレビを買った人、4K放送が始まっても見られない

dd8f7102

このままでは見られない「4K放送」

 現行のハイビジョン放送の4倍の精細さ、豊かな色彩。「4K」と呼ばれるテレビの映像方式だ。さらに現行の16倍となる「8K」のテレビも順次登場する。家電量販店でも「4Kテレビ」が売られており、すでに購入済みという人も多くいるだろう。NHKや民放各局は2018年12月からBSで4Kの実用放送を始める。その実用放送、いまの4Kテレビでは見られないことはどれだけ知られているだろうか。

 4Kの実用放送を見るには、それに対応した画素数を持つ液晶パネルと画像エンジンを積んでいる4Kテレビが必要だ。だが市販されている現在の4Kテレビは実用放送に対応したチューナーが搭載されていない。実用放送を見るには別途、チューナーを購入しなければならなくなるわけだ。だがこのことが、一般に知られているとは言いがたい。

現時点では、4K実用放送に対応したチューナーやテレビがどこにも売っていない。いつから手に入るかも分からない。当初は18年夏にテレビやチューナーが店頭に並ぶというスケジュールだったが、「めどは立っていない」(総務省関係者)という。

■チューナーの仕様巡り混乱

 なぜか。実はチューナーの仕様を業界団体で詰め切れていないことが背景にある。デジタルテレビは購入したときにB―CAS(ビーキャス)というカードを挿入すると使えるようになる。カードに組み込まれたICが視聴防止機能を解除する仕組みだ。このB―CASを新しい方式ではチップにし、機器に内蔵することが検討されていたが、回収などの手間を踏まえ、今のようなカード式にすべきではとの議論が浮上している。内蔵式、挿入式、いずれも機器の形状を大きく変え、商品開発にも影響を及ぼす。それが実用放送が始まる1年半前になっても決まっていない。
dd8f7102

Top